伊藤 祥子のweblog ♪ Ayur Harmony ♪


全ては輝き、調和を楽しむ。
by ayur-harmony
カテゴリ
全体
プロフィール
アーユル ハーモニー ♪
日々の幸せ
東インド舞踊 オリッシー
シンギング・リン
Maitrii
Message from YogiTea
美味しいもの
お薦め
旅行
Today's "!"
さようなら東京タワー・・・
体験談
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

公衆電話から・・・

今日は、リングイネの野菜たっぷりランチを作って食べた後、
高輪図書館に寄ってから(麻布図書館が改装中なので・・・)
大井町の東芝病院に行って来ました。
(自転車で・・・)

父が入院していて、見舞いだったのです。
東芝病院は、自分が生まれた場所なので、
何となく懐かしい感じ・・・。

たわいもない話をして、
テレビカードが欲しいと言われたので、
自動販売機で買ってベッドに戻った時、
おもむろに・・・・
「子供の頃、食べ物の心配しなくて済んだのは、
父さんが頑張って働いてくれたお蔭。
ありがとうね」
と言ってみた。

1月に参加した本田健さんのワークの時、
感謝を伝えたいなぁと思ったので・・・。

そしたら何と!
「お前、今食べ物の心配するような生活してるのかよ・・・?」と
心配までしてくれた。
「そんなことないよ。」

またたわいもない話に戻り、
「今日、自転車で来たんだ」と告げると
「そうか、じゃ、早く帰れ。」と追い出された。
明るい内に帰そうと氣遣ってくれたのかな?

帰りは26分で家に着いた。(はや!)

18:33に携帯が鳴り、
あれ?!!公衆電話からだ!誰かな??
誰か分からないときは、「ハロー!」と出ることにしている。

「ハロー・・・?」
「ハロー!アツシ!父さんだよ」
「あぁ、父さん。どうしたの?」
「ちゃんと着いたか?」
「あら、心配して電話くれたの?ありがとう!26分で着いたよ」
「おぉそうか。じゃぁな!」
「じゃ、またね。ありがとね。」

父がパジャマ姿で病院の公衆電話から
わざわざ電話してくれたのだった。

嬉しくて、涙がちょっぴり出た。
[PR]

by ayur-harmony | 2009-03-27 23:03 | 日々の幸せ
<< オリッシーとインド哲学のヨーガ  3月18日(水) Art of... >>